太りやすい時間帯 太らない時間帯


ダイエットはしたいけど、食べる事がどうしても我慢できない!というのであれば、
太りにくい時間帯に食事の重きをおいてみてはどうでしょうか?

 

食事で余ったカロリーは、脂肪になりやすい時間帯と、なりにくい時間帯があるんです。

これをつかさどっているのが、”時計遺伝子”というもの。

 

BMAL1(ビーマルワン)とも呼ばれていますが、こちらの呼び方のほうが一般的かもしれませんね。

 

 

BMAL1は人の体内時計を担っているのですが、

脂肪細胞に脂肪を溜め込むことをコントロールも同時に行っています。

BMAL1

まあ難しいことは置いておき、BMAL1の動きが最も活発なのは、深夜の3時。

深夜に食事を食べると太りやすいのは、BMAL1が深夜3時に向けてどんどん活発に

なるからです。

 

 

深夜3時をピークに、朝に向かうにつれてBMAL1の活動は徐々に弱くなります。

 

そして、BMAL1の活動が最もにぶくなるのが、お昼の15時

 

「3時のおやつは太りにくい」というのは、遺伝子学的にも正しかったわけです。

 

 

つまり、BMAL1の活動がどんどんとにぶくなることを利用すれば、

1日の食事の重きを朝ごはんと昼ごはんに置く方法がおすすめです。

 

 

そして夜は、徐々にBMAL1の活動量が増えてくるので、食事を控えめにしておくこと。

 

ほとんどの人が、ディナーに重きを置いているのでしょうが、それは太りやすい生活習慣

だということが、時計遺伝子であるBMAL1の働きからわかると思います。

 

このBMAL1の働きと時間軸を一定にさせるためには、毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きる

という生活習慣も大切です。

 

一定ではない生活リズムを何日間も繰り返すと、体内時計が乱れてしまうことがあります。

一度体内時計が乱れると、戻すには約3週間必要と言われます。

 

BMAL1の特性を上手に利用して、太りにくく痩せやすい体作りにはげんでみてはいかがでしょうか?

 

⇒ 頑張らないあなたに!メタバリアNEOお試し500円+税♪