食物繊維を摂って便秘を解消する方法

便秘解消といえば食物繊維、というのは誰もが知っていますが、食物繊維には2種類あり、どちらも便秘解消は重要な役割を果たす事をご存知でしょうか?

どちらか一方が不足すると、便秘の解消にはつながらないと言われています。

 

水溶性食物繊維について

 

水溶性食物繊維で便秘解消

代表的な水溶性食物繊維

 

水溶性食物繊維とは、水に溶けるものを言います。

代表的なものとしては、

 

納豆などのネバネバ成分であるフラクタン、昆布などのヌルヌルした成分であるアルギン酸やフコイダン、野菜や果物に含まれるペクチンなどがあります。

 

 

水溶性食物繊維の役割

 

水溶性食物繊維は、腸壁と便との間に入り込んで便をスムーズに移動させるための潤滑油的な役割を果たしています。

 

少ないと、便が詰まる原因となります。

 

 

不溶性食物繊維について

 

不溶性食物繊維で便秘解消

代表的な不溶性食物繊維

 

不溶性食物繊維とは、名前の通り水に溶けず消化吸収されないものを言います。

主に食物繊維というと、不溶性食物繊維をイメージする人が多いのではないでしょうか?

 

代表的なものは、

 

植物の細胞壁の成分であるセルロース、雑穀類に含まれるリグニン、野菜類などに含まれるヘミセルロースなどがあります。

 

 

不溶性食物繊維の役割

 

不溶性食物繊維は、主に便の量を増やす(かさを増す)役割があります。

また、腸内を移動する際に細かな老廃物を巻き込んで、一緒に排出する働きをしてくれます。

 

 

便秘解消にはどちらの食物繊維も必要

 

水溶性ばかりを意識しても、一向に便の量が増えないために排泄に必要な量が直腸まで溜まりません。

 

また、不溶性だけが多くても腸内をスムーズに移動できないため、便の量ばかり増えて詰まってしまい、便秘を悪化させてしまいます。

 

水溶性・不溶性の両方をバランス良く摂取することで、スムーズな排便につながることを意識しておきましょう。