妄想で痩せる

脳科学の観点で言うと、人間の脳は

 

想像した出来事と、実際に体験した出来事を区別する事はできない

 

らしいです。

 

 

ということは、ダイエットしている人にとって、

 

実際には食べていないのに食べたのと同じ感覚が得られれば、実際の食欲が抑えられる

 

ということになります。

 

 

 

カーネギーメロン大学の食欲抑制実験が面白い

 

 

m&mという、アメリカのチョコレートご存知ですか?

 

食欲 抑える 方法

 

このチョコレートを使い、アメリカのカーネギーメロン大学が、面白い実験を行っています。

 

 

それは、集めた学生を3つのグループに分け、それぞれのグループに、リアルに以下のような想像をしてもらいます。

 

 

 

グループ1:

洗濯機に、およそ30kgの水を入れている

 

グループ2:

洗濯機に、およそ28kgの水を入れ、その後m&mチョコレートを3粒食べる

 

グループ3:

洗濯機に、およそ2.8kgの水を入れ、その後m&mチョコレートを30粒食べる

 

 

 

リアルに想像してもらった後、ボウルの中にm&mチョコレートを大量に提供し、自由に食べてもらうようにしました。

 

すると、想像の中で最も多い30粒のチョコレートを食べたグループ3は、他のグループに比べて実際にチョコレートを食べる量が圧倒的に少なかった、というのです。

 

 

 

ダイエットを成功させるには想像力を働かせれば良い

 

この実験でわかることは、

 

想像上で食べただけであっても、脳は満足感を得たと判断している

 

ということです。

 

想像 食べる

 

 

実際に食べてしまったら、カロリーを摂取してしまうことになるわけですが、想像上で食べた物はカロリーは発生しません

 

にも関わらず、脳は「たくさん食べた、もういらない」という判断を下したわけです。

 

 

この方法を上手に利用すれば、実際にカロリー摂取をしなくとも、満腹感すら得られる可能性が出て来るわけですね。

 

 

 

ダイエット中に限って、美味しいものが食べてくなります。

 

美味しいものは得てして、味が濃くて甘くてカロリーが高いもの、と決まってます。

 

食欲 抑制 効果

 

 

だったら、想像上で食べてしまえばいいのです。

 

 

食欲を抑える 方法

 

できるだけリアルに、食べた時の甘みや香り、飲み込んだ時の感覚、カラになったお皿、最後に舐めたスプーンや箸まで、感覚を研ぎすませて想像してみてください。

 

 

お金はいっさいかかりません、タダで出来ます。

 

 

ダイエット中にもかかわらず、本当に食べてしまったら罪悪感が残りますが、想像上で食べれば罪の意識はないでしょう。

 

それどころか、想像だけで満腹感を得られた!というお得感があります。

 

 

食欲にどうしても負けてしまう・・・というあなた、ぜひお試しあれ。