腹筋運動でダイエット効果は

ダイエット効果を高めるために、運動や筋トレして筋肉量を増やし、代謝をアップさせる、という考え方があります。

 

では、筋肉量が増えるとどのくらい消費カロリーはアップするのでしょうか?

 

筋肉を1kg増やしたら基礎代謝はどのくらいアップする?

 

筋肉量が1kg増えると消費カロリーはどのくらい増える?

 

個人差はありますが、筋肉を1kg増やしても基礎代謝で消費するカロリーは約15kcal程度。

筋トレの辛さに比べると、報われない数値ですよね?

 

そもそも、体全体の基礎代謝における筋肉の占める割合は約22%しかありません。

だから筋肉をつける事で大きくダイエット効果がある、と思わないほうがいいでしょう。

 

もちろん、全く効果がないわけではないのですが、それ以上にダイエット目的で筋トレや運動をする事の意義は他にあります。

 

 

運動や筋トレをするという行為がカロリーを消費している

 

筋トレでダイエット

 

前述した筋肉を1kg増やしても15kcal程度の基礎代謝しか増えない、というのは、あくまでも全く動いていない、じっとしている状態での数値です。

 

従って、筋肉を動かすトレーニングをメニューを決めて毎日行う事で、その分、

運動による消費カロリーは確実に増えます。

 

食事に気を使ったり、プロテインなどでタンパク質を意識するようになれば、さらに筋肉量が増えてトレーニングの効果はぐーんと上がるでしょう。

 

筋肉量云々はあまり気にしなくてもいいですし、あくまでも運動不足で衰えた筋肉を引き締めるつもりで行えばいいのです

 

従って、ハードな事をする必要はなく、軽いダンベルなどで少しだけ負荷をかけて行えば効果はありますし、運動や筋トレによって血流やリンパの流れが良くなり、それによって代謝も上がるので、ダイエット効果には適しているのです。

 

 

 

効率よく代謝を上げるには大きな筋肉を鍛えよう

 

筋肉量を増やして基礎代謝は上がるのか

 

筋肉は大小さまざまあり、よりダイエット効果や代謝アップするなら、大きな筋肉を鍛えると効率的です。

 

体の中の大きな筋肉は、主に下半身にあるので、太ももやお尻の筋肉を鍛える事でより代謝アップ効果が大きくなります。

 

また、上半身の中でも胸筋は大きいので、毎日腕立て伏せなどを繰り返す事で鍛えられ、さらに周辺のリンパの流れもよくなるため肩こり解消、小顔効果も期待できますね。

 

 

ちなみにダイエットといえば腹筋を思い出しますが、腹筋はとても薄い筋肉なので、かなりハードな鍛え方をしないと大きくなりません。

 

しかし、腹筋は毎日少しずつでもコンスタントに行う事で、体幹を鍛える効果が抜群です。

 

体幹がしっかり鍛えられると姿勢が良くなり、姿勢がよくなると全身の筋肉を効率よく使って歩けるようになるので、さらに体全体の代謝はアップするというスパイラルが生まれます。